Cooking

ナチュラルフードを学び始めた理由

2015年、当時は広告会社に勤めていましたが、以前より好きだった料理をもっと学んでみたい!と思い仕事が休みの日を使って、料理教室に通うことを決めました。


なぜ、ナチュラルフードを学び始めたかといいますと・・・

①もともとお料理が好きだったので、ナチュラルフードという分野を学び、スキルアップをしたかった。

②当時、仕事が忙しく不規則な生活で体調を崩すことがあったので、食べものからのアプローチで治したかった。

③お料理に限らず、自然体なものが好きだった。

以上の理由があったからです。



そして、料理教室を探しているときに、基本の料理の仕方をはじめ良い素材・調味料の選び方や、日本の食文化と歴史・農業などについても学べる料理教室に出会い、約半年間通いました。



調理の仕方については、小学校の家庭科でも行いますし、お家で実践をしていれば、なんとなく身についていくと思います。しかしながら、調理をするときに必要な素材が作られる背景や、自分の手元に届くまでのことについては、何かしらのきっかけで情報を得なければ、知る機会はとても少ないのでは?と思います。

※写真は、大学の先輩であり農業を営んでいる方の畑で収穫した二股大根です!土に埋まっている大根を抜くとき、「これから命を頂くんだな」という感覚がありました。


今まで知らなかった、

野菜を作られる際の土壌づくりや種・遺伝子組み換え作物のこと、

野菜が出荷されるまでに使用される農薬のこと

主に輸入果物などが出荷される際に散布するポストハーベスト農薬(殺菌剤や防カビ剤)のこと

加工品の食品添加物のことなど出会ったことも考えたこともなく過ごしてきた情報を教室で教えてもらうことが出来ました。



ここで学んだことは、今の自分に繋がる原点の学びだったのではないかなと思います!